LSP参照マニュアル

LSP言語の目標はLocalSolverモデルの構文木を構築し、その組合せ(分解)をパラメータ化することです。モデルは、モデル構築に特化した演算子やキーワードを使用して定義します。(最大化、最小化、制約)モデル定義のために、LSP言語は命令型や構造化プログラミング(loop文、条件文、変数)向けに関数の集合を提供しています。

LocalSolverのモデラーはモデリング言語としてだけではなく、プログラミング言語としての機能も備えています:強く定型化された言語と動的に定型化されたシステムを兼ね揃えています。(型は値のちを持ち、変数は持ちません)
LSP言語は、マルチパラダイムプログラミング言語です。(命令型、手続き型、オブジェクト指向およびbuilt-in関数をモデリングとプログラミングの双方に使用頂けます。)

LocalSolver5.5ドキュメンテーション記事一覧