1. LocalSolverホーム
  2. LocalSolver関連ニュース

LocalSolver関連ニュース

2016年10月31日 新規顧客様のご紹介

最適化問題に取り組む必要性に直面していますか? あなたが抱える少ない変数を持つ問題や何百万変数を持つ組合せ問題や数値的問題、線形問題、非線形問題、凸問題、非凸問題、平滑問題や非平滑問題、制約問題や非制約問題などいかなる問題をもLocalSolverチームが開発した革命的な"all-terrain" ソルバーであるLocalSolver6.5を使用することで見事に効率的かつ高品質な解をご提供致します。

LocalSolverは求解が困難とされる最適化問題に対し、実用時間内に高品質な解を提供することを可能とするまったく新しい独自のハイブリット型技術をベースとしています。

さらに、LocaoSolverチームは、長年、最適化問題をPhDレベルの研究開発分野を行ってきたエキスポートで構成されたチームです。

LocalSolverを使用した最適化問題のモデリングから解法までを専門的な方法で親切、丁寧に最後まで専門家によるサポートを行っています。日本配給元MSIを通じ、LocalSolverチームに相談することも可能です。

多くの企業、ソフトウエア・ベンダー、研究施設や大学は最も求解が困難とされる最適化問題を解くためにLocalSolverを採用しました。

下記に、実際に彼らが抱える求解が困難な最適化問題を解くために近年LocalSolverを導入した顧客様をご紹介致します。顧客様のWebサイトを是非、御覧ください。

詳細情報はMSI LocalSolver事業部までお問合せください。
お問合せ先:localsolver@msi-jp.com

●LocalSolverを新規に導入される方や、評価ライセンスをご希望の方はLocalSolver事業部までお問合せください。

●評価ライセンスをご使用頂いている期間も、フランスLocalSolverチームはお客様からの専門的なご相談をはじめ、モデル作成のご支援までサポートしております。お気軽にMSI LocalSolver事業部までお問合せください。

2016年6月15日 フランス開発元サイト Pasco敷島製パンの事例紹介

日本大手食品メーカーであるPasco敷島製パン(年間売上高:1650億円)は現実問題として直面していた大規模最適化問題を解くために数ある数理計画法ソフトウエアの中から他を凌ぐLocalSolverの優位性に着目し、LocalSolverを導入しました。Pascoのサプライチェーン最適化ソリューションは日本のITサービス会社Future Architect(年間売上高:350億円)のオペレーションズ・リサーチのエキスパートとLocalSolver日本配給元であるMSI、フランスに拠点を置くLocalSolverチームのサポートにより構築されました。

主な商業用MIPソルバーとの何週間にも渡る幅広いベンチマークを行った結果、LocalSolverだけがPascoの日本全国を対象としたサプライチェーン最適化問題を迅速に、かつ高品質な解を提供することができる唯一の数理的最適化ソルバーであることを確信しました。MIPソルバーではオリジナル問題をおおよそ20個の部分問題に小分けしたあと、部分問題を個々に解いていかなければならず解かれた解は、不十分なグローバル解を導出します。それとは逆に、LocalSolverは部分問題を作ることなくダイレクトにオリジナル問題のまま解くことができました。全てのテストに合格し、LocalSolverはPascoのサプライチェーン・マネージメント(SCM)情報システムに組込まれました。現在、Pascoの生産と配送費用の重要な部分を節減するために、毎日LocalSolverが活用されています。

Pascoのサプライチェーンは日本国内に15箇所の工場があり、工場ごとに複数の生産ラインを持ち、100箇所もの集配センターがあります。Pascoのカタログ製品は1,000個以上あります。Pascoの工場では毎日、900,000ものオーダーを確実に実行する必要があります。各オーダーをどこで、いつ生産するかという意思決定もしなければなりませんでした。

さらに、Pascoは原材料をどうするか、また集配センターへの配送ルートをどこにするかを決める必要があります。目標は生産能力の制約と配送能力の制約を遵守しつつ、数日間単位の生産コストと配送コストを最小化することです。下記に次の三日間の計画を立てるためにPascoが解いたLocalSolverの実例の規模をご紹介いたします:8,307,431のバイナリ変数、991,251の制約式、16の定義型目的関数を含む32,670,717の表現式(中間変数)。このモデルは最新のスタンダード・サーバで入出力処理時間を含め、たった3分間の実行時間で解を得ました。

Future Architectのプロジェクト総括責任者である黒田慎一氏からのコメント

私たちは、LocalSolverを使って、Pasco最適化モデルを数日間で開発することに成功しました。変数が大規模(1千万)である一方で、Pascoのプランナーが考慮していたように、数分間の実行時間でLocalSolverは極めて優れた解を提供します。他の最新MIPソルバーではこの問題の求解に何時間をかけても解を得ることができなかったため、当初、LocalSolverでこのような結果を得られることは予想だにしていませんでした。LocalSolverを使えば、これまで実現できなかったことも実現可能であると、確信しています!

あなたは、最適化問題を解くために本当に最適なソルバーを使用していますか?
LocalSolverの革新的技術であなたは何を実現させたいですか?

LocalSolverに関するお問い合わせ:localsover@msi-jp.com

2016年3月1日 新規顧客のご紹介

解きたい最適化問題をお持ちですか? 抱えている問題が、わずかな変数しか持たないまたは数百万の変数を持つ組合せ問題や数値的問題、線形または非線形、凸問題や非凸問題、平滑または非平滑、制約付または制約を持たない問題であるならば、LocalSolver6.0(革新的なall-terrain最適化ソルバー)は効率的にこのような問題を解くことができます。

訳:LocalSolverは求解が困難な問題に対し、実用時間で高品質な解を提供する最新かつ、独自のハイブリット型最適化技術をベースとしています。またLocalSolverチームは最適化分野において数年もの研究と実践を積んだPhD-leveの最適化分野エキスパートで構成されているチームです。ユーザー1人、ひとりにあったサポートを提供します。LocalSolverを使った専門的なモデル作成方法や、求解方法を迅速にサポートいたします。

複数の企業、ソフトベンダー、研究センターや大学が抱えていた最も求解が困難な最適化問題を解くためにLocalSolverを採用しました。

詳細は、MSI LocalSolver事業部にお問合せください。

2016年2月3日 LocalSolverチーム ROADEFで講演

2016年2月10日-12日にフランス・オワーズのコンピエーヌでフランス オペレーションズ・リサーチ学会が開催されました。LocalSolverチームはこの学会に参加できたことを光栄に思います。LocalSolverチームはこの学会に重きを置き、この機会に新リリースするLocalSolver6.0を初公開いたしました。次世代-ハイブリット型・数理計画ソルバーの最新機能をご紹介するため、LocalSolverチームは2回の講演行いました。

LocalSolverを使ったセット-ベースモデリング機能

Thierry Benoist氏、Julien Darlay氏、 Bertrand Estellon氏、 Frédéric Gardi氏、Clément Pajean氏、Romain Megel氏

LocalSolverは大規模最適化問題向けのヒューリスティク・ソルバーです。共通の数理的演算子を使って最適化問題を作成することで、LocalSolverは実用的な時間で高品質な解を提供します。様々な最適化技術を統合したことで、標準のコンピュータで実行した場合、最大数百万変数まで拡張することができます。LocalSolverの強みの1つは、LocalSolver独自のパワフルかつ表現豊かでありながら簡単に取得、記述できるモデリング・フレームワークです。実に、演算式(合計、積、三角関数)または論理式(比較、条件文、配列のインデックス付け)を含め、通常使用する数理的演算子のほとんどを使用できます。その結果、問題を線形化する必要がありません:ユーザーは、ダイレクトかつ自然な形で自身のモデルを記述することができます。

当初、このモデリング機能は数値的意思決定変数のみをベースとしていました。(バイナリ、整数または連続変数)このアプローチ法への極めて重要な拡張は、制約プログラミング・セット-ベース変数からヒントを得て、ハイレベルな意思決定変数の導入を2015年に行いました。最適化問題の多くは優先順位付けや順序付けの概念を持ちます:スケジューリング、経路選択、ネットワークデザインなど。このような最適化問題に対し、新しい種類の変数は従来の変数に比べ(自社製品比)より簡単に、より多くにコンパクトなモデルを生成します。この変数の値は数字ではなく数字の集合です。詳しく説明すると、リスト変数list(n)は集合{0,1,2,….n-1}の部分的な並べ替えを表現しています。このプレゼンテーションでは、この新しい変数型がいかにして、経路選択問題やスケジューリング問題を含む数多くの最適化問題に対し、非常に簡単かつ有効なモデルを生成するのかを説明しています。

LocalSolverを使ったBlack-box最適化

Julien Darlay氏

LocalSolverとはInnovation 24が開発した革新的な次世代-ハイブリット型数理計画ソルバーです。LocalSolver6.0(最新リリース)の新機能の1つに、Black-box関数の最適化機能が追加されました。このような問題における目的関数の解析形式は知られていませんが、ユーザーは各解を評価するためにこのアルゴリズムを使います。例えば、物理的なプロセスをシミュレーションするために、このアルゴリズムの呼び出そうとしたとき、呼び出しに時間が掛かるケースを考察してみましょう。

高価なBlack-box関数(Expensive black function)を最適化するためにLocalSolverで使ったアプローチ法は、H.M. Gutmann氏が導入し、A. Costa氏とG. Nannicini氏がRBFOptソフトウエアに近年導入したRBF関数(放射基底関数)のメソッドを使用しています。このアプローチ法では、目的関数はBlack-boxへの各呼び出し後に複数の連続するモデルにより近似されます。最適化は多様化(探索域の新しい部分を探索)のフェーズと強化(部分的最適化の探索)のフェーズ間で変動する変動アルゴリズムを使って行われます。双方のフェーズともに目的関数のモデルに基づいた非線形問題の解から構成します。

これらの解は基本的なLocalSolverエンジンが担います。このメソッドの主な機能は新しい非凸モデルの利用および探索空間の最善な範囲を許可する多様性フェーズです。Costa氏と
Nannicini氏で使用した500例題で実行した数値実験の結果はデフォルト設定のNOMADソフトウエアの全実行より優れ、かつRBFOptとの競合を示しています。

Caisses d’EpargneおよびCrédit Foncierに関する現実世界の不動産財務計画最適化

この論文では、リテール・バンキングに関する数理計画最適化アプリケーションを説明しています。扱う問題は、住宅ローンの組合せ問題です。規模が小さい問題のため一見、簡単な問題に感じます。しかし、この問題は実践の場で求解を困難にしている組合せと非線形の双方を持ち、異種の意志決定変数(ブール、整数、実値)を結合かつ、複雑な論理的数値の制約式が含まれています。さらに、解は顧客に財務的解決策の申し込を担当する販売員に数秒内で提供します。LocalSolverがどのように効率的にこの問題を解くかについて解説していいます。フランスの大手小売銀行の一つであるCaisse d'Epargneの系列店Credits Foncier(銀行代理店5,000店舗、延べ2500万人の顧客)では数ケ月におよび最適解に基づくLocalSolverを配置します。

LocalSolverを使って現実世界の最適化問題において得た結果を示す2つのプレゼンテーションをROADEF 2016のプログラムで紹介しました。

・Eメールマーケティング広告のスケジューリング
Julien Autuori氏、Cedric Hervet氏、Nourredine Tabia氏
(画像編集・資料ダウンロードページURL)

・コンタクト・ポイントの最適配置に関する複数期間戦略
Julien Autuori氏、Cedric Hervet氏、Nourredine Tabia氏

・ヨットの風向計のモデリング:LocalSolverを使った実験
Audrey Cerqueus氏、Marc Sevaux氏、 Hugo Kerhascoet氏、Johann Laurent氏

・海上風力発電地帯の電力ネットワークのモデリング
Quentin Gautier氏、Jean-Frédéric Charpentier氏、 Christophe Claramunt氏、 André Rossi氏、David Guyomarc'h氏

2016年1月25日 LocalSolverチームORBELに参加

ORBELとはSOGESCI-BVWB国際会議、ベルギー・オペレーションズ・リサーチ学会、ユーロ圏の会員、ヨーロッパOR学会の組織およびIFORSのベルギー代表(OR学会の国際的組織)です。

ORBELはオペレーションズ・リサーチ、統計、コンピュータサイエンスなどに関連する領域の研究者、ユーザーや潜在的ユーザーの交流の場として開催されています。マネージャー、実務者や研究者に対して意思決定の量的な技術に関する情報交換ができる数少ない機会となっています。

今年のORBEL会議はUCLのルーヴァン=ラ=ヌーヴで2016年1月29日、30日の二日間開催されました。ORBELに参加できたことを光栄に思います。LocalSolver5.5アプリケーションとともに、新機能(経路選択問題&スケジューリング問題に対するセットーベースのモデリング、シミュレーション最適化のためのBlack-Box最適化)の詳細はORBEL30で参加者全員に配布したLocalSolverリーフレットをダウンロードいただけますので、是非ご覧ください。

2016年1月7日 【LocalSolver通信-L16011】「LocalSolver 紹介セミナーの開催」次世代-All-in-One数理計画法システム

昨年は格別のご厚情を賜り厚く御礼を申し上げます。
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心掛ける所存でございますので、なにとぞご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
皆さまのご健勝と益々のご発展を心よりお祈り致します。

日頃、大規模組み合わせ最適化問題を解く、LocalSolverに、ご関心をお持ちいただき誠に有難うございます。

お陰様で、最近、時間の経過と共に、皆様からかなり多くの反響を頂くようになりました。今回、本年第1四半期のセミナー開催についてのお知らせです。多くの方の、ご参加をお待ちいたします。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★LocalSolver紹介セミナーを開始しました!★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
主題について、本年第四半期の開催をお知らせいたします。
この機をとらえ、是非ともご参加いただき、ご理解、ご評価をいただきたく、心よりお待ち申し上げます。
尚、ご参加は“無料”です。

-------------------------------------------------
第3回:2016年1月22日(金)13:00〜16:00
第4回:2016年2月19日(金)13:00〜16:00
第5回:2016年3月18日(金)13:00〜16:00
-------------------------------------------------

下記の要領(プログラム、開催場所、申し込み手続き)をご覧ください。
http://www.msi-jp.com/localsolver/techinfo/index.html#seminar-intro
ご参加のお申し込みを心よりお待ち申し上げます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★最新版LocalSolver情報のご提供 ★   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
LocalSolver最新情報は下記をご参照ください。
LocalSolver概要
LocalSolver例題
LocalSolverドキュメンテーション
LocalSolver5.5ダウンロード
・LocalSolverについての全般情報は、こちらをアクセス下さい。
http://www.msi-jp.com/localsolver/
以上、引き続き、LocalSolverを宜しくお願い申し上げます。
MSI株式会社 LocalSolver事業部

2015年11月11日 【LocalSolver通信-L15111】
「LocalSolver5.5 紹介セミナーの開催等」
次世代-All-in-One数理計画法システム

日頃、大規模組み合わせ最適化問題を解く、LocalSolverに、ご関心をお持ちいただき誠に有難うございます。
お陰様で、最近、時間の経過と共に、皆様からかなり多くの反響を頂くようになりました。
今回、下記の情報をお届けいたしますので、宜しくお願い申し上げます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★ LocalSolver紹介セミナーを開始しました!  ★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
主題について、本年12月、第2回目の開催をお知らせいたします。
この機をとらえ、是非ともご参加いただき、ご理解、ご評価を
いただきたく、心よりお待ち申し上げます。
尚、ご参加は“無料”です。

・第2回紹介セミナー:2015年12月11日(金)13:00〜16:00

下記の要領(プログラム、開催場所、申し込み手続き)をご覧ください。
http://www.msi-jp.com/localsolver/techinfo/index.html#seminar-intro 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★ 仏インターネット通信企業のLocalSolver導入成功事例 ★
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
Bouygues Telecom社(フランス)は、インターネットサービス企業で
ADSLビジネスにLocalSolver5.5を導入し、大変な成功を実現しています。
(Presentation about telecom network optimization at PGMO DAYS 2015)

・概要:http://www.msi-jp.com/localsolver/news.html(日本語)
    http://www.localsolver.com/news.html?id=62(英語)
・詳細:http://www.localsolver.com/misc/LocalSolver_PGMO_DAYS_2015.pdf(英語)

尚、詳細な内容のお問い合わせは、locasolver@msi-jp.comまでご連絡ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★ 最新版LocalSolver5.5講演/プレゼンテーション概要 ★   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
大規模組み合わせ最適化問題を解く、LocalSolverの最新情報について日本O.R学会、スケジューリング学会で発表しました。
下記をご一覧いただき、ご意見、ご質問、ご感想等をお寄せ下さい。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★ 最新版LocalSolver5.5情報のご提供 ★   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・LocalSolver5.5 概要:
http://www.msi-jp.com/localsolver/archive/LocalSolver_5_5_Novelties_201506.pdf 
・LocalSolver5.5例題:http://www.localsolver.com/exampletour.html 
・LocalSolver5.5ドキュメンテーション:http://www.localsolver.com/documentation/index.html 
・LocalSolver5.5ダウンロード:http://www.msi-jp.com/localsolver/download/index.html 
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

LocalSolverについての全般情報は、下記をアクセス下さい。
http://www.msi-jp.com/localsolver/ 

以上、引き続き、LocalSolverを宜しくお願い申し上げます。

MSI株式会社 LocalSolver事業部

2015年8月5日【LocalSolver通信-L15081】==「LocalSolver5.5 最新バージョンをリリース」==次世代-All-in-One数理計画法システム==

日頃、弊社が提供しております、「大規模組合せ最適化問題」を解く「LocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。

★さて、2015年7月、待望の「LocalSolver5.5」をリリースいたしました。近年、大規模最適化問題の解決がますます重要になってきておりますが、例えば従来のMIP(混合整数計画法)では解けない問題をLocalSolver5.5は実用的に解くことができます。

★LocalSolve5.5は、どんな大規模現実問題をも汎用的に直接モデリング(LP+MIP+CP/SAT+NLP)ができます。

★LocalSolverは、ヨーロッパに於けるOR Society Conferenceで、その先端性が徐々に理解され、脚光を浴びる状況まできています。
http://www.localsolver.com/news.html?id=61

今回の最新版LocalSolver5.5ついて、下記の最新情報をご覧ください。特に、VRP/TSP問題向けに飛躍的な改善をいたしました。

==========================================================
●LocalSolver5.5リリース概要と最新情報:
http://www.msi-jp.com/localsolver/news.html
<OR-Euro2015-Glasgowプレゼンテーション資料>
http://www.localsolver.com/misc/LocalSolver_EURO_2015.pdf
http://www.localsolver.com/news.html?id=61

●LocalSolver5.5:All-In-Oneを目指したLocalSolver
数理計画法システムの最新動向(MSI(株)宮崎知明)
<添付PDFをご覧ください。>

●LocalSolver5.5 最新LSPコーディング事例集:
http://www.localsolver.com/exampletour.html

●LocalSolver5.5最新ドキュメント・センター:
http://www.localsolver.com/documentation/index.html
<最新機能:アド-バーンスト・フィーチャー>
http://www.localsolver.com/documentation/advancedfeatures/index.html

=====================================================

LocalSolverは、リリースを重ねるごとに、大変なスピードでそのフィーチャー・機能、パフォーマンスの改善をしてきておりますので、現状のLP/MIP/CPの活用を越えて、是非とも新しいLocalSolver5.5にご関心をいただき、ご試用いただければ幸いです。

今まで、LP、MIP、CP では、とても解けそうに無かった「大規模組み合わせ最適化問題」に見事に対応いたします。

◆LocalSolver情報◆については下記をアクセス下さい。

-----------------------------------------------------------------
●LocaLSolver製品の概要を知りたいが?
http://www.msi-jp.com/localsolver/

●初めてLocalSolverを使用したいのだが?
http://www.msi-jp.com/localsolver/techinfo/

●LocalSolver無料ダウンロードできますか?
https://www.msi-jp.com/localsolver/download/

●LocalSolverのモデリング例題は?
http://www.msi-jp.com/localsolver/quickguide/example/

●LocalSolver初期モデル作成の支援してくれますか?
http://www.msi-jp.com/localsolver/consultation/index.html#miyazaki

●LocalSolverに関するお問合せ(価格、技術支援、購入手続き等):
https://www.msi-jp.com/localsolver/inquiry/

----------------------------------------------------------------

皆様からのご質問、ご意見を心よりお待ち申し上げます。

2015年7月11日 LocalSolver5.5リリース

最新リリースLocalSolver5.5追加機能:求解が極めて難しいとされる問題に対するパフォーマンスの向上、および新しいモデリング機能が追加されました。

主な追加機能
・AMPLモデリング言語および、フレームワークへの統合が可能になりました。
詳細はこちらをご覧ください
http://ampl.com/products/solvers/solvers-we-sell/localsolver

・Set-basedのモデリング機能により容易にモデル化でき、効率的に経路問題(TSP、VRP)を解くことが可能になりました。(従来自社製品比)

・数値最適化問題や混合変数最適化問題における精度とパフォーマンスが向上しました。(従来自社製品比)

・近日追加予定のフューチャー:black-Boxの最適化
・最新リリースLocalSolver5.5を是非、ご評価ください。
無料ダウンロードはこちら
http://www.msi-jp.com/localsolver/download/index.html

・LocalSolverに関するお問合せは、日本配給元MSI株式会社 LocalSolver事業部まで
お問合せください。
Email:localsolver@msi-jp.com

2015年7月3日 新規顧客のご紹介

何百万もの変数を持ち、莫大な数の解を持つ問題に取組まなければならないとき、そしてこの問題に対して実用的な時間で、収益を最大化する解や資源を最小化する解またはその双方を実現する最善な解を得たい場合、LocalSolverを是非、ご活用ください。(LocalSolverに関するお問合せはこちらまで:localsolver@msi-jp.com

MSIが配給するLocalSolverはフランスを拠点とするInnovation24が開発した「次世代-ハイブリット型数理計画法ソルバー」です。LocalSolverは従来の最適化ソルバーにはない、全く新しい独自のハイブリット技術により、大規模問題や求解が困難な最適化問題に対して、短時間で高品質な解を提供することができます。

既に数多くの企業、ソフトウエアのベンダー、研究所や大学で最も困難な最適化問題を解くためにLocalSolverが導入されています。下記は、最新のLocalSolver成功事例です。成功事例の詳細は、webサイト「Clients & Partners」をご覧ください。
LocalSolverに関するお問合せはこちらまで:日本配給元 MSI localsolver@msi-jp.com


2015年6月30日 LocalSolverチーム ウィーンで開催されるOR2015に参加

OR2015は、毎年開催されるドイツ・オペレーションリサーチ学会(GOR)およびオーストラリア・オペレーションリーサーチ学会(ÖGOR)、ウィーン大学のスイス・オペレーションリサーチ学会(ASRO/SVOR)により共同で主催されます。この企画委員会はGernot Tragler氏(TU-Vienna)が議長を務め、組織委員会はウィーン大学のGeorg Pflug氏が議長を務めています。OR2015はウィーン大学の本館で9月1日〜9月4日に開催されます。1365年に創立されたウィーン大学は、今年で記念すべき創立650年を迎えます。

LocalSolverチームは、展示会とカンファレスに参加します。展示ブースで、様々な機能が向上した最新リリース版LocalSolver5.5を紹介する予定です。この最新リリース版「LocalSolver5.5」を下記の講演でご紹介いたします。

LocalSolver:近傍探索をベースとした次世代-ハイブリット型・数理計画法ソルバー
講演者:、Frédéric Gardi氏

講演では、「組合せ最適化と混合変数最適化への拡張に関するローカル・サーチ」について発表します。理論的な観点からまだ十分な理解を得られていないのが現状ですが、ローカル・サーチは大規模な現実問題の最適化問題に取組む最適なパラダイムです。近年、エンドユーザーは意思決定支援システムにインタラクティブ性を必要としています。つまり、「迅速に高品質な解を得られる最適化ソフトウェア」が現実の場で求められています。

この講演で、LocalSolverチームは大規模最適化問題向けのヒューリスティックス・ソルバーであるLocalSolverを紹介します。LocalSolverは特定のストラクチャを必要とせず、数理的形式で記述された問題に対し、実用的な時間で最善な解を提供します。LocalSolverがサポートするモデル:線形の目的や非線形の目的および代数を含む制約式、連続変数や離散的変数を持つ論理式を解くことができます。LocalSolverは先ず、実行不可能解から探索をはじめ、複数の近傍を探索し、解の改良を繰り返していきます。既存のソルバーとの違いは、様々な問題で何百万もの実行可能解の探索を数分内で実現するため、高速に増分評価する小近傍ムーブを統合化していることです。

LocalSolverチームは組合せ最適化問題と連続最適化問題の例題を使用してLocalSolverのモデリング形式を紹介する予定です。主題では「ソルバーの動きと様々なベンチマークでのパフォーマンス」を取り上げ、LocalSolverの性能を紹介する予定です。最後に、運搬経路最適化分野とブラックボックス最適化に関する開発結果の概要を紹介する予定です。

2015年4月15日 MIC2015にLocalSolverチーム参加

LocalSolverチームの研究者であるJulien Darlay氏が2015年6月7日から6月10日にかけてモロッコのアガーディールで開催される第11回the Metaheuristics International Conference (MIC 2015:マスヒューリスティクス・インターナショナル カンファレンス2015)で講演を行う予定です。MIC2015の議長を務めるEl-Ghazali Talbi氏からの温かい招待に感謝申し上げます。

1995年に編成されたこのMICカンファレンスは、今回で11回目を迎えます。MICはマスヒューリスティクス分野の発展とその分野のアプリケーションの進展を主に取り上げています。前回のカンファレンスと同様に、友好的でリラックスした雰囲気の中で近年の研究結果を議論する場や、新しいアイディアや協力関係を築く場、経験豊富な研究者と会う機会や新しい交友関係を広げる機会をマスヒューリスティクス分野の国際リサーチ学会に提供しています。プレゼンテーションは、最新アルゴリズムの開発、影響力のあるアプリケーション、最新の研究課題、理論の開発、実装問題や試験的研究の詳細などのマスヒューリスティクスのあらゆる側面を取り上げています。

Julien Darlay氏の講演概要:

LocalSolver :近傍探索をベースとした次世代・ハイブリット型・数理計画ソルバー

講演では「組合せ最適化と混合変数最適化への拡張に関するローカル・サーチ」について取り上げます。理論的な観点から、まだ十分な理解が得られていませんが、ローカル・サーチは実世界の大規模最適化問題に取り組む最適な方法論です。近年、エンドユーザは意思決定支援システムに双方向性を求めています。つまり最適化ソフトウエアに関してエンド・ユーザが求めていることは、「迅速に高品質な解を得られること」です。

この講演で、大規模最適化問題向けのヒューリスティックソルバーであるLocalSolverを紹介します。LocalSolverは特定のストラクチャを必要とせず、数理的形式で記述された問題に対し、実用的な時間で最適な解を提供します。LocalSolverがサポートするモデル:線形目的や非線形目的、代数を持つ制約式、連続変数や離散変数を持つ論理式を解くことができます。LocalSolverは恐らく、実行不可能解から探索をスタートし、あらゆる近傍の探索によって繰り返し解を改良していきます。標準的ソルバーの微分器は様々な問題で何百万もの実行可能解の探索を数分内で実現するため、高速に増分評価する小近傍ムーブを統合しています。

Innovation24は、組合せ最適化問題と連続最適化問題の例題を使用して、LocalSolverのモデリング形式を紹介する予定です。主題に「ソルバーの動き」を取り上げ、様々なベンチマークでのLocalSolverの性能を紹介します。講演のおわりに現在、開発中の運搬経路最適化分野とブラック-ボックスの最適化分野に関する概要を紹介する予定です。

2015年3月31日 最適化アプリケーション

LocalSolverの開発・販売を行っているInnovation24の副社長であるFrédéric Gardi氏は、Danish Operations Research Society (DORS:デンマークオペレーションズ・リサーチ学会)が開催する2015ワークショップで講演を行う予定です。ワークショップの主催者であるJonas Ahmt氏、Martin S. Andersenからの温かい招待に感謝申し上げます。

LocalSolver : 近傍探索をベースとした次世代・ハイブリット型・数理計画ソルバー

講演では「組合せ最適化と混合変数最適化への拡張に関するローカル・サーチ」について取り上げます。理論的な観点から、まだ十分な理解が得られていませんが、ローカル・サーチは実世界の大規模最適化問題に取り組む最適な方法論です。近年、エンドユーザは意思決定支援システムに双方向性を求めています。つまり最適化ソフトウエアに関してエンド・ユーザが求めていることは、「迅速に高品質な解を得られること」です。

この講演で、大規模最適化問題向けのヒューリスティックソルバーであるLocalSolverを紹介します。LocalSolverは特定のストラクチャを必要とせず、数理的形式で記述された問題に対し、実用的な時間で最適な解を提供します。LocalSolverがサポートするモデル:線形目的や非線形目的、代数を持つ制約式、連続変数や離散変数を持つ論理式を解くことができます。LocalSolverは恐らく、実行不可能解から探索をスタートし、あらゆる近傍の探索によって繰り返し解を改良していきます。標準的ソルバーの微分器は様々な問題で何百万もの実行可能解の探索を数分内で実現するため、高速に増分評価する小近傍ムーブを統合しています。

Innovation24は、組合せ最適化問題と連続最適化問題の例題を使用して、LocalSolverのモデリング形式を紹介する予定です。主題に「ソルバーの動き」を取り上げ、様々なベンチマークでのLocalSolverの性能を紹介していきます。講演のおわりに現在、開発中の運搬経路最適化分野とブラック-ボックスの最適化分野に関する概要を紹介する予定です。

2015年3月16日【LocalSolver通信-L15032】
「最新バージョンLocalSolverをアカデミック価格でご提供」
次世代-ハイブリッド型・数理計画法システム

日頃、弊社が提供しております、「大規模組合せ最適化問題」を解く「LocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。

さて、今月、待望の「LocalSolver5.0」をリリースいたしましたことをお知らせいたしましたが、今回、主題のように、アカデミック関係の皆様に「添付」のように、「アカデミック特別価格」でご提供を始めました。是非とも、お手元に既存Solverだけでなく、当LocalSolverを最適化ツールの一つとして付け加えていただきたく、ご検討下さい。

LocalSolverは、リリースを重ねるごとに、大変なスピードでそのフィーチャー・機能、パフォーマンスの改善をしてきておりますので、現状のLP/MIP/CPの活用を越えて、是非とも新しいLocalSolver5.0にご関心をいただき、ご試用いただければ幸いです。今まで、LP、MIP、CP では、とても解けそうに無かった「大規模組み合わせ最適化問題」に見事に対応いたします。

LocalSolver新情報については下記をアクセス下さい。

皆様からのご質問、ご意見をお待ち申し上げます。

2015年1月19日 LocalSolver5.0 リリース

LocalSolver5.0がリリースされました。新しいモデリング機能の向上、求解が難しいとされる複数の問題に対するパフォーマンスの向上を実現したLocalSolver5.0の新機能をご紹介いたします。

新機能:

標準のLPファイルやMPSファイルをダイレクトに読み込む

lpまたはmps拡張子付きファイルのコマンド行でLocalSolverを実行するだけの簡単な操作でLPファイル、MPSファイルをダイレクトに読み込むことが可能です。
注:この機能は、ベータ版です。LocalSolverが提供している数理的定式化を使用して問題のモデリングを行うと、より最善な解を導くことができます。

LPファイルやMIPファイルに二次式を読み込む

注:LocalSolverは非凸制約とオブジェクトを扱えます。

GAMSモデリング言語やGAMSのフレームワーク(構造)に統合が可能

詳細はwww.gams.comをご覧ください。

関数getSolutionStatus()を使用し、LSP言語のソリューション・ステータスにアクセス可能

詳細は、built-in variables and functionsをご覧ください。

鮮明になったコンソールディスプレイ

従来のディスプレイはlsVerbosity=2で使用可能です。

APIを使用し、モデルの中で制約やオブジェクトの追加、削除が行えます。

区分的線形式をモデル化(不連続または連続)するための演算子piecewiseが使用可能

問題をモデル化するために提供している利用可能な数理的演算子の詳細はmathematical modeling featuresをご覧ください。

5.0の最新技術とパフォーマンスの向上

  • 前処理機能が更に向上:LocalSolverの解法に適したモデルを簡単に再構築
  • グローバル構造とグローバル制約の検出と前処理が向上:ナップザック部分問 
    題や時系列フロー部分問題
  • スケーリング技術により浮動小数点の表現を扱う際の数値計算機能(パフォーマンスが劣ることなく)が向上
  • 下界を算出する制約伝播テクニック(技術)が向上
  • 向上した制約伝播テクニック(技術)を近傍探索に統合
  • 実行可能解の探索性能が向上したことにより、初期解が高速に求まる
  • 問題に対する近傍探索法ヒューリスティクスの自己適応型機能が向上

2015年1月11日 Je suis Charlie

パリに本拠を置くInnovation24社は、この数日間に起こった恐ろしい事件に衝撃を受け悲嘆にくれています。私たちは犠牲者とそのご家族に祈りを捧げます。今日、私たちはフランス人の価値観、フランス共和国の価値観を再確認する全ての人とストリートに参加します。

2014年12月25日 新規顧客のご紹介

数百万変数、数兆の解が含まれる問題を扱わなければならない場合、LocalSolverを活用すれば、難解な問題でも実用時間で最善の解を導くことができ、収益の最大や資源の最小化またはその双方を実現することができます。

次世代ハイブリット型数理計画法システム LocalSolverはお客様のあらゆるニーズに応えることが可能です。LocalSolverは最新・独自のハイブリットテクノロジーをベースに、大規模な最適化問題や解くことが難しいとされている問題をも、実用時間内に高品質の解を導き、提供することができます。

ソフトベンダー、研究センターや大学などの数社で、上記のような挑戦的な最適化問題を解決するために、LocalSolverを採用しています。詳細は、LocalSolver事業部にお問い合わせください。(LocalSolver事業部Email: localsolver@msi-jp.com

Airbus CLAI Eco-Management Elettric80 MBDA Timeplus Dongbei University INSA Rennes Tongji Uniersity Zhongnan University

2014年12月23日 LocalSloverフランスチーム:新しいメンバーClément氏のご紹介

ポートレイト写真:Clément Pajean氏

Clément Pajean氏

LocalSolverフランスチームの新しいメンバーをご紹介致します。

現在、Clément Pajean氏は、LocalSolver innovation24の最適化エキスパートとして活躍しています。

Clément氏はパリテクの加盟大学の一つであるグラーゼコール、国立先端技術大学を卒業し、フランスの国立工芸保存院でオペレーションズ・リサーチのMScを取得しています。

Clément氏はInnovation24だけではなく、GDF Suezや、エールフランス航空などの大企業のOR部門で様々な経験を積み、オペレーションズ・リサーチや意思決定支援において成功を収めた実務経験があります。

Clément氏はInnovation24のクライアント向けに最適化プロジェクトを実施し、次世代-数理計画法システムLocalSolverに大いなる貢献をしています。

LocalSolverフランスチームでのClément氏の活躍にご期待ください!

2014年11月27日【LocalSolver通信-L14111】LocalSolver4.5 最新講演資料:「スケジューリング・シンポジウム2014(富山)9/29〜9/30」

大規模組合せ最適化問題を解く、「LocalSolver4.5最新講演資料」(同様の内容を既にお受け取りになった方は重複して申し訳ありません)

日頃、弊社が提供しております「大規模組合せ最適化問題」を解くLocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。
今回、主題の「スケジューリング・シンポジウム」に於きまして、弊社宮崎知明より、「数理計画法システム最新動向-次世代数理計画システムの紹介」の内容を「添付」いたしますので、是非ともご一覧をお願い致します。

★今回、スケジューリング学会でご説明をさせていただきましたが、LocalSolverの日本での「認知度」は、未だこれからですので、是非とも具体的な「最適化問題」がありましたら皆様とご一緒に、初期モデリング、実装まで、ご支援をさせていただきます。

ご支援内容:http://www.msi-jp.com/localsolver/consultation/index.html#miyazaki
同時に、フランスのLocalSolver開発メンバーも実モデルの作成まで鋭意ご支援いたしますので、是非ともご活用頂きたいと思います。 

★LocalSolver情報をお知りになりたい時、下記をご参照ください。是非ともご一見ただきたいと思います。

・LocalSolverとは: 
http://www.msi-jp.com/localsolver/ 
・LocalSolver開発者メンバーとチーム: 
http://www.localsolver.com/about.html 
・LocalSolverの製品概要: 
http://www.msi-jp.com/localsolver/product/ 
・LocalSolver使用開始:
http: //www.msi-jp.com/localsolver/quickguide/
・LocalSolver最新バージョン: 
http://www.msi-jp.com/localsolver/product/localsolver-new.html
・LocalSolverダウンロード無料試用:
https://www.msi-jp.com/localsolver/download/
・T. Miyazaki’s“LocalSolver” Initial Modeling Services : 
http://www.msi-jp.com/localsolver/consultation/index.html#miyazaki
・LocalSolver製品ライセンス価格:
http://www.msi-jp.com/localsolver/license/ 
・LocalSolver適用事例:
http://www.msi-jp.com/localsolver/case/ 

2014年9月8日 【LocalSolver通信-L14091】
「最新バージョンLocalSolver4.5」をリリースします(2014年9月1日)次世代-ハイブリッド型・数理計画法システム「LocalSolver」

日頃、弊社が提供しております、大規模組合せ最適化問題を解く「LocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。

★さて、2014年9月1日に待望の「LocalSolver4.5」をリリースいたしました。
 主要な改善点は、下記のようです。
---------------------------------------------------------------------------
(1)今までの諸機能に追加して、整数の意思決定を宣言できるようになりました。
(2)前処理エンジンの速度が向上しました。
(3)メモリ使用量を減少させました。
(4)計算の精密性・安定性を向上させました。
------------------------------------------------------------------------------

★上記の詳細は、弊社LocalSolverサイト:
http://www.msi-jp.com/localsolver/product/localsolver-new.html をご一覧ください。

LocalSolverは、リリースを追って、機能が飛躍的に充実してきております。
今まで、MIP(混合整数計画法)では、とても解けそうに無かった「大規模組み合わせ最適化問題」に見事に対処いたします。

LocalSolverのご使用に関し、何なりとご質問下さい。
又、是非とも、ダウンロードされ、一度、ご試用いただければ幸いです。
★LocalSolver4.5詳細情報
●LocalSolver4.5リリース:
http://www.msi-jp.com/localsolver/product/localsolver-new.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
●LocaLSolver製品概要の説明について:
http://www.msi-jp.com/localsolver/

●初めてLocalSolverをご使用の方に:
http://www.msi-jp.com/localsolver/techinfo/

●LocalSolverに関するお問合せ:
https://www.msi-jp.com/localsolver/inquiry/

2014年8月23日 LocalSolverをR言語に組込む

LocalSolverチームのパートナーでありリセラーであるWLOG SolutionがR言語向けにLocalSolverパッケージを開発しました。このパッケージは、LocalSolverのプログラミング言語(LSP)を使用して記述したモデルをR言語に組込むことができます。

このパッケージの開発者の一人であるBogumil Kaminski氏(意思決定支援部長、ワルシャワ大学・経済学部の分析部門)が提供している古典的な施設配置問題はよいアプリケーション例です。そして、Rglpkパッケージをベースとした混合整数プログラミングアプローチと比較し、LocalSolverの数理的定式化の便利性や目の前の問題を解くそのパフォーマンス性の双方で成果を挙げています。

WLOG SolutionsのCEO Wit Jakuczun氏が9月15日―17日、ロンドンで開催されるEARL Conference2014でRアプリケーション向け最適化パッケージとしてLocalSolverを使用する優位性に関するプレゼンテーションを行う予定です。

概要:Bringing the power of LocalSolver to R: a real-life case-study

実務における一般的なRアプリケーションの焦点は、データ処理と予測モデリングです。しかし、複雑な現実世界の状況で効果的に意思決定プロセスを支援するために、第三のソフトウエア・コンポーネントは効果的な最適化エンジンが必要不可欠でした。

かつて、多数のユーザーはRを最適化分野の他の環境より劣ると見なしていました。主な統計ツールとしてのR環境は、意識的に大規模最適化問題を解くために設計されていません。既存のパッケージの多くが扱いにくいかもしくは、実務状況で必要とされるパフォーマンスを実現できていません。このプレゼンテーションで私たちは最先端のハイレベルな最適化エンジンLocalSolverを使用してRの素晴らしいデータ処理機能を活用する方法を実演します。エンジンはRパッケージとして利用でき、大規模最適化問題を解くために使用できます。このパッケージはWLOG SolutionとLocalSolver社の協力の結果です。プレゼンテーションでは、LocalSolverパッケージと現実の最適化問題に対する新しいフレームワークによって開発された模範的なアプリケーション設計も発表致します。

2014年8月14日 最新リリースLocalSolver4.5

LocalSolver4.5 新機能

1)整数の意思決定を宣言できる

現在、整数の意思決定がバイナリと浮動小数点数(連続変数)の決定に加え宣言することができます。整数の意思決定変数の下限と上限を定める演算子int(lower, upper)を使用します。詳細情報はこちら:http://www.localsolver.com/mathematicalmodelingfeatures.html この追加機能により大規模混合変数非凸最適化問題を扱えるようになりました。整数の定義域(ドメイン)で高速かつ拡張可能な最適化を実現するために、整数定義域に特化した小近傍探索テクニックを統合しています。このテクニックは0-1意思決定変数や連続変数の最適化に用いたテクニックと関連しています。

2)前処理エンジンの速度:約10%向上

LocalSolverに不向きとされていたモデル(特に、混合整数線形計画法ソルバー向けにモデル化されたモデル)を処理するため前処理フェースがさらに改良されました。前処理の速度が約10%向上しました。(前リリース版と比較)

3)メモリ使用量:約10%減少

ソルバーのメモリ使用量を約10%減少させることに成功しました。
メモリ使用量の大幅な減少により、大規模最適化問題を効率的に処理できます。

4)計算の精密性・安定性の向上

高度な非凸性を持った数値の最適化問題の処理時における計算の精密性と安定性が大幅に向上しました。新機能の追加により、このような性質の問題をより高速に最善解へ収束させることが実現しました。

その他の機能

5)LocalSolverのプログラミング言語(LSP)は部分的オブジェクト指向プログラミング機能を提供します。

下記の記述のように、オブジェクトの領域を宣言することができます。複数の処理をまとめて宣言できるため、簡潔にコードを記述することができます。現在、関数はオブジェクトに追加できません。
car["color"] = "red";
car.color = "red"; // equivalent to the previous line

6)モデル記述を簡素化する数学演算子

数学演算子sub(a,b)、equivalent to a – bが導入されました。この演算子は、特にプログラミングインターフェース(APIs)の使用時に、モデル記述を簡素化します。

7)注意点

いくつかの組込み関数は現在、LSP言語に予約語として登録されています。例えば、キーワードvaluesは上書きすることができません:この関数は、マップの中に保存した全ての値を取り出します。詳細はModeling Language Referenceを参照ください。

現在、LocalSolverは数値的最適化問題を処理することが可能です。

他社の汎用ソルバーと比較し、LocalSolverを使用した際の主な有利点は、数百万変数を持つ超大規模な最適化問題が短時間で解ける点です。
LocalSlver4.5を是非、ご試用ください。

2014年5月7日 LocalSolver EUROPTに参加

2014年7月10日から12日に開催される第12回EUROPTワークショップ(フランス・ペルピニャン)「連続最適化の進歩」でLocalSolverのプレゼンテーションを行う予定です。
プレゼンテーション概要:
LocalSolver:新しいタイプの数理計画ソルバー Julien Darlay
LocalSolverプロジェクトは大規模混合変数非凸最適化問題を解く数理計画ソルバーの提供を目指しています。この大規模な問題を解くために、LocalSolverはグローバル探索として可変近傍探索法をベースとしています。このアーキテクチャは、狭い範囲から広い範囲を探索するために適切な全最適化技術を統合化する傾向にあり、ハイブリット型と見なすことができます。(ローカルサーチや直接探索法、制約伝播、推論、混合整数線形計画法技術、非線形計画法など)LocalSolver5.0に追加される新機能を複数のベンチマークで発表します。
EUROPT2014は、欧州(ヨーロッパオペレーションズ・リサーチ学会)の連続最適化ワーキンググループの恒例(年次)行事です。今年開催されるEUROPT2014は、連続最適化の進歩に関する12回目のワークショップです。EUROPT2014は、2014年7月13日から18日にかけてバルセロナで開催されるEURO/IFORS 2014 conferenceの共同イベントです。この学会はペルピニャンのパレ・デ・コングレ・ド・パリで開催されます。
EUROPT2014プログラム(チュートリアル、論文等):

・convex optimization and generalized convexity;
・local nonlinear optimization;
・global nonlinear optimization;
・optimal control - theory and applications;
・multiobjective optimization;
・conic optimization and semidefinite programming;
・semiinfinite optimization;
・robust optimization;
・stochastic optimization;
・large-scale methods in global search;
・optimization in data mining;
・data visualization for optimal decisions;
・applications of continuous optimization to combinatorial problems;
・optimization in industry, business and finance;
・supply chain management;
・analysis and engineering of algorithms;
・software development.

Plenary speakers are:
・Miguel F. Anjos, Polytechnique Montréal Canada
・Jean-Baptiste Hiriart-Urruty, Université Paul Sabatier, Toulouse, France
・Daniel Ralph, Cambridge UK
・Immanuel Bomze (university of Vienna, Austria) is EUROPT Fellow 2014.

2014年4月23日 数々の大企業がLocalsolverを採用!

数百万変数、数兆の解を持つ問題を処理する必要がある場合、LocalSolverを使用すれば実用時間内でこの難題に対する最善の解、収益の最大(または資源の最小化)またはその双方に対する解を得ることが可能です。LocalSolver:次世代-ハイブリット型・数理計画ソルバー(最適化ソルバー)が大変役に立ちます。LocalSolverは最新、革新的なハイブリット型技術をベースとしています。この技術が、ユーザーが抱える最も解決困難な最適化問題に対し、短時間(or実用時間)で高品質な解の提供を実現します。
数々の大企業、ソフトベンダー、研究センター、また大学では最適化問題を解決するためにLocalsolverを採用しました。下記のLocalSolver成功談をぜひ一読ください。
詳細情報は、LocalSolver事業部のWEBサイト http://www.msi-jp.com/localsolver/
お問合せ先:localsolver@msi-jp.com 

2014年4月20日 LocalSolver、JFPC-JIAF 2014のスポンサーに!

LocalSolverチームは、2014年6月11日から13日にかけて開催される制約プログラミングと人工知能に関するフランス会議を後援します。
制約プログラミング(JFPC)は、制約充足問題(CSP)、充足可能性問題(SAT)や制約論理プログラミング(CLP)を中心としたフランス語での会議です。JFPCでは、オペレーションズリサーチ(OR)、ローカルサーチやメタヒューリスティクス、空間解析などと関連したトピックも扱います。
この会議は、制約プログラミングを使用した特に、ロボット工学や生物情報科学に関するアプリケーションを見出すコミュニティとしても開催されています。JFPCは会議、討論やPhDの学生、主任研究員、実務者たちの間で意見交換をする友好的な場所です。JIAF(人工知能の日)と関連して立ち上げ、毎年JFPCには100人もの制約プログラミングや人工知能の研究者たちが集結します。

2014年3月14日 LocalSolverがINFORMSのスポンサーに!

LocalSolverは、ボストン・マサチューセッツ州で開催されるオペレーションズ・リサーチとビジネス分析の今年最大イベントであるINFORMS 2014に参加します。LocalSolverチームはこのイベント開催期間中に、ブース(booth #21)を開設し来場された方へLocalSolverのチュートリアルを用いて、LocalSolverの素晴らしさをお伝えします。

2014年3月31日 午前10:30~午前11:20  Track 11, Room Paine
Localsolver:次世代、ハイブリット型・数理計画ソルバー
Thierry BENOIST
Julien DARLAY

概要:LocalSolverは、大規模混合変数非凸最適化問題を解くことができます。いかなる問題でもLocalSolverは最善な解を導くことができます:組合せ問題や数値的な問題、線形問題や非線形問題、凸面を持つ問題や非凸問題独自のテクニックであるハイブリット型近傍探索アプローチをベースに、LocalSolverはスタンダード・コンピュータ上で数百万変数まで拡張することが可能です。一般的な数理演算子を使用し最適化問題を宣言することで、複雑なチューニングを行わなくても短時間で高品質な解を提供します。基本概念、例題やベンチマークはチュートリアルを参照ください。

2014年3月12日 LocalSolverがParis Machine LearningのMeetupに参加

下記ページ(英語)をご参照ください。

LocalSolver at Paris Machine Learning Meetup // 12 Mar 2014

2014年3月6日 Thierry BenoistのHabilitationレポート

下記ページ(英語)をご参照ください。

Thierry Benoist's Habilitation // 06 Mar 2014

2014年3月26日【LocalSolver通信-L14031】
次世代-ハイブリッド型・数理計画法システム「LocalSolver」
「INFORMS 2014」のスポンサーに(2014年3月31日開催)

日頃、弊社が提供しております、大規模組合せ最適化問題を解く「LocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。

★さて、2014年の[INFORMS](開催地:米国ボストン、3月30日〜4月1日)に「LocalSolver」が、スポンサーとして参画いたします。待望のLocalSolver5.0が本年4月末にリリースされますので、その内容をプレゼンテーションを行いますので、皆様にお知らせいたします。以下、その概要です。


★LocalSolverは、ボストン・マサチューセッツ州で開催されるオペレーションズ・リサーチとビジネス分析の今年最大イベントであるINFORMS 2014にスポンサーとして参加します。

LocalSolverチームはこのイベント開催期間中に、ブース(booth #21)を開設し来場された方へLocalSolverのチュートリアルを行い、LocalSolverの素晴らしさをお伝えします。

・日時:2014年3月31日 午前10:30〜午前11:20  Track 11, Room Paine
・主題:Localsolver:次世代、ハイブリット型・数理計画ソルバー
By Thierry BENOIST, Julien DARLAY Innovation24, France

・概要:LocalSolverは、大規模混合変数非凸最適化問題を解くことができます。いかなる問題でもLocalSolverは最善な解を導くことができます:組合せ問題や数値的な問題、線形問題や非線形問題、凸面を持つ問題や非凸問題。独自のテクニックであるハイブリット型近傍探索アプローチをベースに、LocalSolverはスタンダード・コンピュータ上で数百万変数まで拡張することが可能です。一般的な数理演算子を使用し最適化問題を宣言することで、複雑なチューニングを行わなくても短時間で高品質な解を提供します。基本概念、例題やベンチマークはチュートリアルを参照ください。


日本に於きましては只今、前回お知らせしましたLocalSolver4.0バージョンを提供中です。是非とも、ダウンロードされ、ご試用いただければ幸いです。

2013年12月25日 メリークリスマス:LocalSolver4.0リリース

LocalSolverをご使用くださっているユーザーの方々、クライアントの皆様、メリークリスマス!LocalSolver4.0がリリースされました!最新版のLocalSolverでは、大規模混合変数非凸最適化問題に取り組むことが可能です。

-連続意思決定変数が、今までのバージョンのバイナリ変数に追加して宣言ができるようになりました。
"bool()"の代わりに、連続変数の上限と下限を指定する"float(lower, upper)"演算子を使用するだけで宣言が行えます。この機能が追加されたことで、大規模な連続変数を持つ最適化問題や混合変数非凸最適化問題を処理できるようになりました。
連続定義域において、迅速かつ拡張可能な最適化問題を解くために、連続定義域に特化したsmall-neighborhood探索手法を統合しました。small-neighborhood探索手法は、LocalSolver3.1に搭載されている組合せ空間で最適化を行うために用いた手法に関連した技術で、連続定義域向けに、非線形かつ非凸、非低滑、または微分不可能な連続最適化問題として用いられた微分係数やダイレクト探索技術に関連した手法です。

次回リリースされるLocalSolverバージョンでは、非線形プログラミング分野でよく知られる逐次線形(SLP)や、二次計画問題(SQP)の手法に関連した大規模近傍探索を用いたことで、ソルバー機能がさらに強化する予定です。
-従来の混合整数計画法ソルバー用に作成された特定のモデルに対し、LocalSolverに不向きとされていたモデルを処理するために、前処理を行うフェーズの機能を改善しました。この前処理フェーズは、制約伝播や推論技術を用いて各オブジェクト用に下限を提供(下限は、LSP言語を使用する際、トレースの始めに提供されます)推論技術の改善により、LocalSolver4.0は、LocalSolver3.1よりも数多くの問題に対しその最適性や実行不可能性を証明することができます。
組合せ定義域上で探索や最適化を行うために、混合整数プログラミング技術をベースとする大規模近傍探索は、検索を多様化し最終的によりよい解を発見するため、また小近傍に関連する局所最適を避けるために、利用可能です。

この技術は本質的には、迅速に高品質な整数解を発見するために、素数の丸めヒューリスティックに関連した適切な部分問題の線形緩和を活用することに基づきます。(近傍(部分問題)がよりよい線形緩和を持つ場合に、LocalSolverは現在、上記の機能を使用いただけます。)
Minor features:その他の新機能

LocalSolverは現在、複数の演算子について、実行不可能な変数を自動的に管理します。
0は除算を評価、負は平方根を評価、0は対数を評価etc…
インプットで上記のような実行不可能な変数により演算子は、値としてNot-A-Number (NaN)を出力します。
LocalSolverはこれらの演算子に対して自動的にNaN値を導かない解を探索します。
-
LocalSolverは現在、n-配列演算子向け(sum、prod、or、and、xor)にオペランドの空のリストを自動的に管理します。
Emptyの表現式によって戻された値は、対応している演算子に対する中間の値に相当
例:sumに対する中間値は0
  prodに対する中間値は1
  orに対する中間値は 偽または0
  andに対する中間値は真または1
  xorに対する中間値は偽または0
-LocalSolverのCallbackは、C++、 Java、.NETのプログラマーに提供されています。Callback機能は、各イタレーションで探索中に、探索の中止、再試行、LocalSolverのモデルや解に関する全利用可能な情報(探索分析)や最善な解に関する情報も確認することが可能です。

LocalSolverの新機能により、取り組める問題:様々な数値の最適問題サプライチェーン最適化問題、ユニットコミットメント問題、ポートフォリオ最適化問題に取り組めます。他の数理計画最適化ソルバーと比較した場合、LocalSolverを使用することで得られる一番の強みは、短い実行時間で、数百万の変数を含む超大規模な問題にも取り組めることです。

簡単にLocalSolverをご試用いただけます!LocalSolverをダウンロードし、プラットフォームにインストールするだけでご試用いただけます。詳しくは、LocalSolver日本配給元MSIまでお問合せください。
LocalSolverのご使用に関する質問は(モデリングなど)、MSIを介したフランスLocalSolverチームによるサポートもご利用いただけます。ぜひ、LocalSolver4.0をご試用ください。

2013年10月30日
[LocalSolver通信-L13101] 次世代-数理計画法システム「LocalSolver」最新バージョンLocalSolver4.0のリリース「予告」

日頃、弊社が提供しております、大規模組合せ最適化問題を解く「LocalSolver」に、ご関心を頂き誠にありがとうございます。

今回は、待望のLocalSolver4.0に関する概要を「添付予告」 でお送りいたしますのでご一覧ください。

LocalSolver4.0は、連続決定変数を扱えます。

●最終的なリリースは、本年度末を予定しております。
●既に、今月よりLocalSolver4.0のベータ版をご使用になれます。

ご試用希望の方は、別途、ご連絡ください。(localsolver@msi-jp.com)

尚、LocalSolver4.0の詳細情報は、間もなく弊社LocalSolverサイト に掲載致します。 ご意見、ご質問を、心よりお待ち申し上げます。

2013年10月17日 Innovation 24、LocalSolverの親会社

ビジネス分析とオペレーションズ・リサーチの専門的なサービスも提供しているInnovation 24、LocalSolverの親会社をご紹介します。
http://www.localsolver.com/news.html?id=36

2013年10月15日 LocalSolver 最も難しいMIPLIB問題で勝利

LocalSolverは、最も難しいMIPLIB問題で、GurobiとIBMに対し、勝利を収めました。詳細をご覧ください!!
http://www.localsolver.com/news.html?id=32

2013年10月1日 LocalSolver、QAPLIBでMILP、MIQPとCPソルバーに対し、勝利

MILP、MIQPとCPソルバーが二次割当問題の解を発見できずにいる中、LocalSolverは、5分以内で、素晴らしい解に到達しました。
http://www.localsolver.com/news.html?id=35

2013年9月25日
[LocalSolver通信-L13091]
次世代-数理計画法システム「LocalSolver」---IFORS NEWS SEPTEMBER 2013

日頃、弊社が提供しております、大規模込合せ最適化問題に貢献する「LocalSolver」に、ご関心を頂き、誠にありがとうございます。

今回は、今週23日、IFORS (オペレーションズ・リサーチ国際連合)の「IFORS NEWS September 2013」の「TUTORIAL」の中で、「Integrated LocalSearch Techniques Into Mathematical Programming Solver」として、世界に向けて紹介されたLocalSolverの内容を添付で、お知らせ致します。是非とも、ご一読ください。

尚、最終頁は、LocalSolverについて、最近のMIPLIB例題(一部)のベンチマークテストの結果です。

皆様が、大規模組合せ最適化問題等でお困りのケースがありましたら、是非ともご連絡ください。喜んでお伺いし、プレゼン及びソリューションをご一緒に検討させていただきます。

LocalSolver-IFORS NEWS September 2013(PDF)

2013年9月24日 Welcome to our new clients

LocalSolverの新しいクライアントをご紹介します:MediaTransports (Publicis MRE Group)、NIES Japan、 Nanjin大学
http://www.localsolver.com/news.html?id=34

2013年9月23日 IFORSニュースレターにLocalSolverのチュートリアルが掲載されました

IFORSとは、オペレーションズ・リサーチ国際連合です。最新のIFORSニュースレターで、LocalSolverのチュートリアルが掲載されました。
http://www.localsolver.com/news.html?id=33

2013年9月19日 LocalSolverに新しいパートナーが加わりました

新しいLocalSolverのパートナーを歓迎します。
http://www.localsolver.com/news.html?id=34

2013年9月10日LocalSolver、the Summer School 「Francesco Turco」に参加

LocalSolverのイタリアのパートナーLACは、Summer School 「Francesco Turco」2013のスポンサーです。開催期間中、LocalSolverはプレゼンテーションを行いました。
http://www.localsolver.com/news.html?id=30

2013年8月13日
LocalSolver at OR55 in エクセター(UK)

LocalSolverはOR55 Annual Conference of the OR Society.を支援しています。Exeter大学フォーラム、Streathamキャンパスで2013年9月3日から9月5日まで開催します。LocalSolverチームは学会でプレゼンテーションを行う予定です。また期間中、ブースも開設します。ぜひ、LocalSolverチームのブースへお越しください!

LocalSolverがどのように動くのか、また何故、既存の最適化ソルバーと異なるのか(既存ソルバーより優れているのか)を説明します。下記は、LocalSolverチームのプレゼンテーション概要です。

LocalSolver Local Searchをベースとした数理計画法

整数や制約プログラミングソルバーの多くは、解空間の中で、解を決定する整数変数を繰り返し使用する分枝限定法をベースとしています。分枝限定法では、解の探索が指数関数的に増えていくので、組合せ最適化問題には不向きです。

対照的に、local-search法は、目的関数を改善するように「ムーブ」と呼ばれる計算コストをかけない局所的な変更によるイタレーションを行います。数百万の意思決定変数を持つ現実世界の問題においても、短時間の実行時間で高品質な解を得ることが可能なため、local-search法は専門家や、実務家の間では高く評価されています。一般的に、local-search法を現実世界の問題に適用するのは、簡単ではありません。アルゴリズムの知識とコンピュータプログラミング技術の双方を必要とするため、専門的なアルゴリズム部分の「ムーブ」の設計が非常に困難です。

LocalSolverの目標は、組合せ最適化問題を解くモデリングと実行環境を兼ね揃えたソルバーに、local-search技術を融合し、シンプルに使用できるソルバーを開発することです。ORの実務家は、自身の数理最適化モデルを自然な形で作成することに専念し、実際の問題解決は、効率性と信頼性のあるlocal-search技術をベースとしたLocalSolverに任せれば、LocalSolverがpure & direct local-search技術を使って最初の実行可能解を計算してくれます。

LocalSolverチームはこのアプローチを可能にしている革新的で自律的なムーブと増分評価の仕組みを紹介し、Local Searchの実務者が実務で使えるソルバーでなくてはならないというLocalSolverの基本概念を紹介する予定です。このようなモデリングと実行環境を兼ね揃えたソルバーでどのように大規模な最適化問題を(数百万の意思決定変数を持った問題)解くのか、複数の例題を使用し解説します。

2013年7月30日
LocalSolver at OR 2013 in ロッテルダム

LocalSolverはOR 2013を支援しています。この年次学会はドイツ、オランダのOR学会で編成されています。学会は2013年9月3日から9月6日までロッテルダムで開催されます。今年のテーマは「人々、ビジネスと社会におけるインパクト」です。

LocalSolverチームは学会でプレゼンテーションを行う予定です。また期間中、ブースを開設します。ぜひ、LocalSolverチームのブースへお越し下さい!

LocalSolverがどのように動くのか、また何故、既存の最適化ソルバーと異なるのか(既存のソルバーより優れているのか)を説明します。下記は、LocalSolverチームのプレゼンテーション概要です。

LocalSolver [ toward a full mathematical programming solver based on local search ]

LocalSolverチームは pure local-search技術を統合しているモデリングと実行環境を兼ね揃えたLocalSolver(http://www.msi-jp.com/localsolver/)のプレゼンテーションを行います。LocalSolverは数百万の0-1変数を持った大規模な非線形問題を解くことが可能です。

LocalSolverは迅速なプロトタイプに効率的なモデリング言語や、API(軽量)を提供します。世界中の企業で現実世界のアプリケーションとして導入されています。既存MIP、CP、SATソフトウエアと比較したthe Google ROADEF/EURO 2012 Challengeの国際競争でモデリング(100行のモデル)から最適化実行までをたった一日で実現できる業界唯一の汎用最適化ソルバーと認められました。

LocalSolverは高品質な実行可能解(最適解)を迅速に提供するために複数の可変近傍の探索を高速に行う技術をベースにしています。様々な種類の近傍が探索中に使用されます:small(basic moves)、medium(compound moves)、large(tree-search moves)

Smallerとは近傍探索法です。増分計算をすることで、高速に解を評価します。探索する近傍の選択は、高速な収束を保証する学習型によって探索中に動的に適用されます。一方、再加熱と再試行を行うシミュレーティド・アニーリング・ヒューリスティックが局所最適を避け、広範囲な探索を実行します。またLocalSolverは伝播と緩和テクニックに基づく最適性のギャップを提供します。

LocalSolverの性能を評価頂くために、現在の技術的特徴のレビューと、複数のベンチマークを解説します。LocalSolverチームが現在、取り組んでいる「連続変数または混合変数の最適化にこの技術を拡張する研究」の要点を解説します。プレゼンテーションの大半は、All in one 数理プログラミングソルバーの構築を目指すLocalSolverプロジェクトのロードマップを紹介する予定です。

2013年7月24日
【LocalSolver通信-L13071】
次世代数理計画法システム「LocalSolve」 OR Ninjya's Tweet

日頃、弊社、LocalSolverにご関心を頂き、誠にありがとうございます。

★今回は、カナダのOR研究者であり、大学教授でもある Marc-Andre Carle氏の添付の「LocalSolver使い始めの印象」の記事をご紹介いたしますのでご一読ください。

ご関心をお持ちの方は、下記を参照していただき、是非とも LocalSolverをご試用をお願い申し上げます。
 
★既にLocalSolverをご活用の方、現在評価中の方々へ:

もう一つの「添付」のように、7月1日リリースしました、LocalSolver3.1 最新版の概要をご一読下さい。

更なる「パフォーマンス向上」について、種々の工夫がなされました。 是非とも、最新バージョンに移行し、お確かめ下さい。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

2013年7月6日
Speed dating with LocalSolver

カナダ・Laval大学出身のOR研究者であり、教授でもあるMarc-André Carle氏のブログにLocalSolverの記事が掲載されました。Marc-André Carle氏が運営するブログ「The quest for optimality.」は充実したコンテンツかつ包括的な記事を掲載しているブログとしてOR学会で有名です。「Speed dating with LocalSolver」というタイトルで、LocalSolverを使用するための初期設定手順の要約が掲載されています。ユーザーに満足いただけることが何より、LocalSolverチームのやる気とハードワークを継続するインセンティブになります。Thank you very much, Marc-André.

Marc-André Carle.氏について

Canada Researchの 議長に任命され、地球に優しい森林ネットワーク・プランニングの研究・コーディネーターとして活動しています。議長は、FORACコンソーシアムの一員です。
また、大学院レベルでサプライチェーンのデザイン&マネージメントを教えています。
Laval大学でビジネス物流の研究で博士号の取得中、 étudiant(e)s inscrits aux études supérieures à Laval (AELIÉS)協会、Laval 1170+大学院生組合の代表を務めていました。
博士号を取得するために大学に戻る前は、カナダの中小企業を対象にORをベースとしたソフトウェア・ソリューションを提供する会社を運営する傍ら、Groupe Optivert,でORアナリストとして活躍し、現在、Genivar.の一員として活動しています。

2013年6月6日
Speed dating with LocalSolver

カナダ・Laval大学出身のOR研究者であり、教授でもあるMarc-André Carle氏のブログにLocalSolverの記事が掲載されました。Marc-André Carle氏が運営するブログ「The quest for optimality.」は充実したコンテンツかつ包括的な記事を掲載しているブログとしてOR学会で有名です。「Speed dating with LocalSolver」というタイトルで、LocalSolverを使用するための初期設定手順の要約が掲載されています。ユーザーに満足いただけることが何より、LocalSolverチームのやる気とハードワークを継続するインセンティブになります。Thank you very much, Marc-André.

Marc-André Carle.氏について

Canada Researchの 議長に任命され、地球に優しい森林ネットワーク・プランニングの研究・コーディネーターとして活動しています。議長は、FORACコンソーシアムの一員です。
また、大学院レベルでサプライチェーンのデザイン&マネージメントを教えています。
Laval大学でビジネス物流の研究で博士号の取得中、 étudiant(e)s inscrits aux études supérieures à Laval (AELIÉS)協会、Laval 1170+大学院生組合の代表を務めていました。
博士号を取得するために大学に戻る前は、カナダの中小企業を対象にORをベースとしたソフトウェア・ソリューションを提供する会社を運営する傍ら、Groupe Optivert,でORアナリストとして活躍し、現在、Genivar.の一員として活動しています。

2013年4月30日
LocalSolver ECCO2013に参加

パリで開催されたECCO2013でLocalSolverのプレゼンテーションを行いました。
詳細情報:http://www.eccoxxvi.fr/
開催プログラム:http://www.eccoxxvi.fr/wp-content/uploads/2013/05/Program.pdf
Innovation24のLocalSolverチームのThierry Benoist氏が5月30日午後のセッション(14:00-15:40)でプレゼンテーションを行いました。

2013年4月2日
LocalSolver 新規顧客

数多くのトップ企業を次世代-数理計画ソルバー(LocalSolver)の新規顧客として迎いれることができ感謝申し上げます。LocalSolverを導入した企業をご紹介致します。その他導入企業に関する情報はhttp://www.msi-jp.com/localsolver/case/をご覧ください。
あなたはどのような問題でLocalSolverの素晴らしさを体験しますか?
自身の問題を使用し、LocalSolverを無料で評価いただけます。
お問い合わせ:http://www.msi-jp.com/localsolver/

Air Liquide社

Air Liquide社はガス産業、健康及び環境における業界トップ企業です。Air Liquide社は長期にわたり、一貫性のあるサービスと責任を図るとともに、80カ国に及ぶ関連企業の急成長を推進しています。現在、約50,000人の従業員を世界80ヶ国で雇用し、2011年、約150億ユーロの収益を上げました。
輸送と物流の最適化はAir Liquide社の競争力に欠かせない重要な問題です。世界中に存在する膨大な数のクライアントの元へ配送するため、Air Liquide社は戦略、戦術、運用レベルで大規模物流最適化問題に直面していました。MIPソルバーでは、Air Liquide社が抱える複雑な最適化問題の求解に至らなかったため、Air Liquide's R&DのエンジニアはLocalSolverを採用し、迅速に最善な解を得られること、そして革新的なモデリング言語-LSPを使用したことで最適化ソリューションの開発時間を大幅に短縮することに成功しました。

French Army(フランス軍)

フランス政府の責務下に置かれるFrench Army(フランス軍)はフランスの軍隊であり陸軍最大の組織です。フランス軍は80億ユーロの予算を持ち、2012年、122,000人の正規要員を雇用しています。
フランス軍The Centre de doctrine d'emploi des forces(CDEF)の指示で最善の業務遂行を確実に行うことを目指し、フランスの軍事力雇用に関する政策を打ち出しています。
CDEFはOR手法を広範囲に用いて、本部に合理的な支援の提供を目的とするORソフトウェアの開発に加え、業務上の問題を解決しています。CDEF出身の役員方はLocalSolverの素晴らしさを直ぐに理解してくださいました:最適化問題をシンプルな数理モデリング形式で表現できること、実用時間で高品質な解の計算を行うことを目的とした複雑なチューニングが不要なソルバーであること。現在、CDEFは、フランス軍の戦力投射ロジスティクスの最適化をLocalSolverで解いています。

2013年2月18日
LocalSolver ROADEF 2013に参加

LocalSolverチームは、トロアで開催されたROADEF 2013、フランスオペレーションリサーチ学会に出席しました。LocalSolverチームが複数のプレゼンテーションを行いましたが、LocalSolverチームだけではなく様々なORのエキスパートがLocalSolverを使用したプロジェクト研究の発表を行っていました。中でも、MIPソルバーやCPソルバーで、解を発見できなかった経験を持つAir LiquideやEDFのORエキスパートが、自身の現実世界の組合せ最適化問題におけるLocalSolverの使用価値に関する素晴らしいプレゼンテーションを行いました。また短期、中期に亘るLocalSolverのロードマップを解説してくださいました。下記は、ROADEF2013発表されたLocalSolverに関するプレゼンテーションの一覧です。

By members of LocalSolver Team:
"Vers un solveur de programmation mathématique généralisée", by Frédéric Gardi : Résumé, Présentation
"Chiffrage d'appels d'offres d'éclairage public" (ETDE), by Romain Megel : Résumé, Présentation
"Planification de personnel" (MSI), by Thierry Benoist
"Ordonnancement d'un atelier de peinture" (0-1 Integer Inc.), by Thierry Benoist : Résumé, Présentation
"Partition en sous-graphes denses", by Julien Darlay : Résumé, Présentation
By LocalSolver users:
"Placement d'assemblages combustibles en piscine", by Jean-Yves Lucas from EDF : Résumé, Présentation
"Planification de la distribution de bouteilles de gaz", by Michele Quattrone from Air Liquide : Résumé, Présentation

2012年12月10日
最新バージョン、LocalSolver3.0をリリースしました

待望のLocalSolver3.0をリリースしました。
新バージョンの特徴(追加)は、
---------------------------------------
・浮動小数点係数
・新しい算術演算子:log,exp,pow,cos,sin,tan
・飛躍的なパフォーマンスの向上
・最適性または実行不可能性評価のための機能
----------------------------------------
当サイトよりダウンロードできますので、ご利用ください。
詳細は、localsolver@msi-jp.com までお問い合わせ下さい。

2012年11月30日
次世代-数理計画法システム「LocalSolver」の方向

日頃、弊社、最適化コンポーネントにご関心を頂き、誠にありがとうございます。

今回、Local Search法に基づく、「次世代-数理計画法システムLocalSolver」をご理解いただくために、添付の情報をお送りいたしますので、是非ともご一読くださるようお願いたします。

LocalSolverの方向について(日英)

クラシカルなMIPソリューションに対する「位置づけ」として、開発元:Innovation24社(フランス)からのメッセージです。

MIPコンサルタントの質問(日本語/PDF)

LocalSolverの特徴について、よくある質問です。

●LocalSolver最新バージョン3.0をリリース:

2012年12月10日にリリースの予定です。
新バージョンの特徴(追加)は、
---------------------------------------
・浮動小数点係数
・新しい算術演算子:log,exp,pow,cos,sin,tan
・飛躍的なパフォーマンスの向上
・最適性または実行不可能性評価のための機能
----------------------------------------

皆様が、大規模組合せ最適化問題でお困りの事がありましたら、
是非ともご連絡ください。
お伺いし、プレゼン及びソリューションを検討させていただきます。 

下記より、お気軽に問合せください。
https://www.msi-jp.com/localsolver/inquiry/

何卒、宜しくお願い申しげます。

2012年9月10日
OR教育におけるLocalSolver

Innovation24フランス開発元からのメッセージ

現実世界の大規模組合せ最適化問題に取り組むために、LocalSolverを使用するその有効性を実証してきたことで、LocalSolverはOR実務者のツール・バックとして徐々に浸透しています。LocalSolverは、次世代-数理計画法システム・ソルバーで、大規模な現実世界の組合せ最適化問題を解くための極めて、革新的なツールです。
最適化組合せ問題は、MIPまたはCPソルバーを使用し、補完していましたが、それ以上に、LocalSolverは、OR教育にローカル・サーチ手法を導入することができます。

教育:ローカル・サーチ法の理論的基礎は、ヒューリスティクスおよびメタヒューリスティクス、ローカル・サーチ法をベースするアプリケーションです。
2012-2013年度に、LocalSolverは下記のフランスの大学および高校で講義を行う予定です。
Aix-■ Marseille Université
■ Ecole des Mines de Nantes
■ ENSIMAG Grenoble INP
■ ENSTA ParisTech
■ ESIEE Paris
■ UPMC (Paris 6)
LocalSolverチームは、教材の提供や、さらに講義や講演を行い、教育機関を支援いたします。あなたのOR講義でLocalSolverを組み入れることに興味のある方は、お気軽に、ご連絡ください!

2012年9月1日
日本語でLocalSolver情報をご提供!

Innovation24フランス開発元からのメッセージ

本社を千葉市に置く、MSIは1997年に創立して以来、最適化と意思決定支援システムの主要な日本企業の一つであり、有名な数理プログラミング・スィートXpressの日本における総代理店です。MSIはXpressについて日本の主要な企業と同時に、アジア企業にも多数のクライアントを持っています。

MSIの企業精神が込められたMSIのスローガンである「Optimization Everywhere!」

このスローガンには、常にクライアントへ、テクノロジーの最前線で最高のサービスを提供するMSIの精神が要約されています。
数理計画法システムに精通するMSIが、特に、最も難しいとされる、大規模組合せ最適化問題において、最高水準の数理プログラミング・ソフトウエアを遥かに上回るパフォーマンスを実現する、次世代-数理計画法システムであるLocalSolverに高い関心を示したのは当然なことです。MSIはLocalSolverの日本の公式なパートナーであり、LocalSolver配給会社です。MSIは既に、日本のWebサイトを開設しました。

日本のクライアントとユーザー向けのWebサイトhttp://www.msi-jp.com/localsolver/

LocalSolverにご関心をお持ちで、日本語でLocalSolverに関する情報を希望するユーザーの皆様はぜひ、localsolver@msi-jp.comにお問い合わせください!

2012年8月24日
物流管理及び、オートメーション・コンサルトがLocalSolverを採用

Innovation24フランス開発元からのメッセージ

Logistics & Automation Consulting srl (LAC)はイタリアのModena e Reggio Emilia大学より任命された会社であり、アカデミック・スタッフのイニシアティブにより創設されたマネージメント及び産業コンサルタント会社です。
我々のゴールは最新のモデリングと最適化テクニックを活用し、クライアントの意思決定プロセスを支援しようとすることです。
LACは製造業、物流業のロジスティクスと製造プロセスの問題に取り組んでいます。問題の焦点は、製造とロジスティクスに関するオートメーション・ソリューションの改善およびその実装に取り組むことです。これには、モデルのデザイン及び生産システムのマネージメント、生産管理、最適化および、サプライ・チェーンのマネージメント、企業内の配送および物流管理のネットワークが含まれていました。
LACは長年の国際的な科学研究を通じて、培った知識と様々なテクニックで方法論的な専門知識を提供しています。意思決定のアプリケーションの定義に至るまで、分析およびシュミレーション・アプローチによる製造とロジスティクスのモデリングに取り込み、企業への技術移転を行っています。
数理プログラミングパートナーとしてLogistics & Automation Consulting srl (LAC)はLocalSolverを採用しました。
実際、LACが取り組んできた複雑な組合せ最適化問題は既存するMIPまたはCPソルバーでは解くことができませんでした。
しかし、技術的以上に、LACはその高い専門知識と、現実世界の様々な最適化チャレンジを解決するオペレーション・リサーチの実践経験のあるLocalSolverチームに興味がありました。LACは現在、イタリアのLocalSolver公式パートナーです。

2012年8月25日
LocalSolver at ISMP

数理計画に関する第21回国際シンポジウムが2012年8月19-24日ドイツのベルリンで開催されました。ISMPは数理最適化団体を代表して3年毎に開催されている学会です。

このシンポジウムは最新の開発とその結果のプレゼンテーションを行い、理論と実践から新たな課題を議論する目的で、科学者ならびに数理最適化に関係する企業のユーザーが集う数理最適化の世界的なカンファレンスです。

LocalSolverは「成功事例とソフトウェア」ならびにセッション「MILP ソフトウエア」でプレゼンテーションを行いました。

2012年8月1日
MSI(株)はLocalSolverについてパートナー契約に合意し、日本での普及を開始

この度、MSI(株)は、次世代-数理計画法システムLocalSolverの開発元であるフランスInnovation24社との間で、日本での同ソフトウェアの普及についてパートナー契約を締結いたしました。

今後、MSI(株)といたしまして、多くのお客様にこのLocalSolverシステムをご紹介し、日本での普及を目指します。
皆様のご支援を心より、お願い申し上げます。

尚、LocalSolver情報については、当サイトのみならず、Innovation24社のサイト(http://www.localsolver.com)をご参照ください。

このページの先頭へ